第 30 回 評価問題研究会



 テルアビブ大学 教授 Ehud LEHRER 先生 講演会 

 2014年10月5日(日) 14時
 キャンパスイノベーションセンター東京(田町)


標記の研究会を開催いたします. 今回は, 数理科学の分野で幅広く世界的に活躍されている テルアビブ大学の Ehud LEHRER 教授に, 非線形積分に関する最新のお仕事について ご講演いただきます.

主 催:  日本知能情報ファジィ学会 評価問題研究部会
 
共 催:  日本知能情報ファジィ学会 関東支部
東邦大学 情報数理セミナー
 
協 賛:  日本知能情報ファジィ学会 ソフトサイエンス研究部会
 
講 師:  Ehud LEHRER 先生 (テルアビブ大学 教授)
 
題 目:  Decomposition-Integral: Unifying Choquet and the Concave Integrals
(with Y. Even)
 
講演要旨:  This paper introduces a novel approach to integrals with respect to capacities. Any random variable is decomposed as a combination of indicators. A pre-specified set of collections of events indicates which decompositions are allowed and which are not. Each allowable decomposition has a value determined by the capacity. The decomposition-integral of a random variable is defined as the highest of these values. Thus, different sets of collections induce different decomposition-integrals. It turns out that this decomposition approach unifies well known integrals, such as Choquet, the concave and Riemann integral. Decomposition-integrals are investigated with respect to a few essential properties that emerge in economic contexts, such as concavity (uncertainty-aversion), monotonicity with respect to stochastic dominance and translation-covariance. The paper characterizes the sets of collections that induce decomposition-integrals which respect each of these properties.
Y. Even and E. Lehrer - "Decomposition-Integral: Unifying Choquet and the concave integrals", (2014). Economic Theory, 56, 33-58
 
日 時:  2014 年 10 月 5日 (日) 14時(〜16時頃)
 
会 場:  東京工業大学 田町キャンパス内
キャンパスイノベーションセンター東京 2階 多目的室1
JR山手線・京浜東北線 田町駅(徒歩1分)
都営三田線・浅草線 三田駅(徒歩5分)
アクセス マップ
1階受付での入館手続き等は不要です. 直接 会場にお越しください.
 
言 語:  英語 (通訳はありません)
 
参 加 費:  無料
 
参加資格:  なし (どなたでも自由に ご参加いただけます)
 
参加申込:  不要 (当日 直接 会場にお越し下さい)
 
ご参考:  10月2日 (木) 16:30〜18:00, LEHRER先生が 一橋大学経済理論ワークショップ で講演されます.
 
チラシ:  PDF (320KB: A4判1枚)
 
問合せ先:  担当幹事 室伏俊明(東京工業大学)

評価問題研究部会ホーム